20180201_163301
トレイルバイクとエンデューロバイクの違いについて以下のリンク先で
わかりやすく説明しています。
https://www.singletracks.com/blog/mtb-gear/whats-difference-trail-bike-enduro-bike-geometry/

南アルプスマウンテンバイク愛好会で関わっているフィールドは
タイトコーナーが多く上下左右に変化に富んでいて、
でも安全を考えて整備しているので
基本的には高速域は出せない、
標高差は最大で1,000m超え、
そういうフィールドがメインで、たまに常設コースに行く場合は
ダウンヒルバイクを持って行きます。

ということで、トレイルバイクが必要になります。
低速急傾斜タイトコーナー連続系のトレイルでは、
フロント140~150mmストローク(なんかあっても吸収してくれるように)
リア110~130mmストローク(リアショックがあればハードテールよりはぜんぜんいい)
ヘッド角67~66度(立ってると下りコーナーきつい)
ホイールベースなるべく短く(タイトコーナー回りやすいように)
BB低め(山岳域での安定性と足つき)
リアセンターとにかく短く(旋回性能)
スタンドオーバーとにかく低く(低重心と安定性)
シートチューブはストレートで短く(ロングストロークのドロッパー入るように、シートベタ下げできるように)
直押し系リンク(路面状況把握しやすいように、路面削らないように)

軽量カーボン製(山深いところでのトレイル整備作業が多いので体力消耗避けるのと、体が軽いので車体も軽くしたく)
という要素が必要で、
唯一一致したフレームに今乗っています。
なんとなく欧米だとニッチなジオメトリーなんじゃないかなと思っています。。。
でも、ほんとに乗りやすいです。